突然の葬式の際の心構えと注意点

葬式での服装について

葬式になった時、突然のことで家族や親族は驚くことばかりですね。そのため、急なこととなって気持ちが動転してしまうこともあります。しかし、その葬式はいつあるのかわからない、人生はわからないという気持ちで、どのように対処をすればいいのか心構えをしておくことが大切です。

その中でも、葬式を行う家族や親族の服装について、注意をすることが必要です。葬式というと、喪服になります。子供の場合は、喪服がないので黒っぽい服や制服などが一般的です。その他の人たちは、喪服を準備することが必要です。お葬式社の中には喪服がない、着ることができなくなった人のために、喪服や靴などを貸出しているところもあります。遠くから来る人たちのために、そのようなサービスを行っている場合もあるので、問い合わせをすることをおすすめします。

喪服は黒一色で、靴も黒で統一します。そしてその靴やバッグなどは、金属がついていない物を選択します。アクセサリーも同じです。女性の場合は、ストッキングについても、黒を選択します。黒いストッキングは破けてしまうと、とても目立つのでそのことを想定して、2枚ぐらい準備しておくといいですね。準備をして持参すると、履き替えることができます。

落ち着いて葬式に行くために

お葬式に慣れている人って、ほとんどいませんよね。大人になるとこれまで一回もお葬式に行ったことがないという人は流石にいませんが、年に数十回も行っているという人は流石にまれです。ほとんどの人が数年に一回くらいしかお葬式に行くことがないのです。そのため当然のことながら、お葬式のたびにあたふたと慌てることになるのです。

たとえば喪服はどこの片付けたから、ネクタイをどこにしまったか分からないなんてのは基本です。数珠なんて毎回購入するなんて人も少なくないでしょう。一般的に年齢が上がってくるごとに、葬式に行く機会は増えてきます。仕事中にいきなり電話がかかってきて、すぐにお葬式に行かなければならないなんてことも珍しくありません。

できれば、お葬式に必要な服や道具は常日頃から、取り出しやすいところに保管しておき、いざというときに慌てないようにしておくのがオススメです。タンスから引っ張り出した喪服が、虫に食われてアナだらけだったなんて悲劇は避けておきたいですものね。また、意外とやってしまいがちなのが、遅刻です。お葬式で遅刻は厳禁です。可能な限り早めに家を出て、早めに会場に到着しておくよう心がけておいてください。お葬式の時はあわてないでください。

ニュース

喪主の立場になった場合の注意点

葬式で関係者とコミュニケーションをとる 喪主の立場になった場合、お葬式の際には色々な方とのコミュニケーショ…

もっと読む

葬式の準備でまず何をするべきか

お葬式の手配の流れは知っておくべき ご自身がお葬式の手配をする立場になるケース。それは少なからず「身近な存…

もっと読む

突然の葬式の際の心構えと注意点

葬式での服装について 葬式になった時、突然のことで家族や親族は驚くことばかりですね。そのため、急なこととな…

もっと読む

自分たちの希望を尊重した葬式

身内の葬式をスムーズに行うために お葬式はたまにしか参列することもなく、家族が健康でいるとつい他人事のよう…

もっと読む