葬式の際の必要な費用と知識

葬式でかかる費用について

お葬式にはいろいろな費用が掛かります。規模によってピンキリですが、お葬式そのものは数万円(自宅などで行う場合)から100万以上掛かる場合もあります。お坊さんにも「お布施」をお渡しします。読経料、戒名料、お車代(遠方のお寺からおいでいただく場合)、御膳料等々で概ね40~50万円くらいです。葬式業者さんに支払うお葬式代とは別なので注意が必要です。

加えて、お墓に埋葬(四十九日)する際にも「お布施(5~10万円)」をお渡しします。一応「お気持ち」という形になっていますが、常識的に「全くお渡ししない」訳にも行きませんし…。臨終の際にご入院されていたのであれば入院費用の清算も必要です。とりあえず、四十九日までの費用(入院費用以外)を考えると…「家族葬」レベルであっても50万円程度。会場を借りて、親族、友人知人の方々にも参列していただく場合は50~100万くらいの予算は見込んでおくことがベターです。

参列者が多ければ香典をお葬式費用に回すこともできますが、親族が多く参列しても全費用の半分がカバーできれば良い方です。お通夜、お葬式の際にお金のことであれこれ考えたくはありません。「その時」の備えとして、費用に関してはある程度貯金しておくなどの「備え」をしておくことをオススメします。

葬式で無駄な費用を出さないためには

お葬式の準備をしている人って、そう多くはありませんよね。誰だってお葬式は嫌なもの。それも自分の身内のお葬式だって言うならなおさらです。しかし、残念ながらお葬式はいきなりやってくるもの。そしてなぜだか自分の身内であるほど、大変さは増すのです。そのためお葬式会社にはお葬式コーディーネーターなる職種が存在し、あたふたする喪主の代わりに全てを仕切ってくれる人がいるのです。

普通に生きていると喪主になることなんて人生で数回程度。そういったときにともて頼もしい存在ですよね。ただし、葬式コーディネーターは任せっきりにするとかなりの費用がかさんでしまいます。とくに日本ではお葬式の費用を値切るなんてことは失礼と考える人が多く、またお香典が多く集まってくるため、ついついコーディネーターの言うがままにお金を払ってしまう人が少なくないのです。

これを防ぐには、本当にその費用が必要なのかをよく吟味すること。たとえば骨壷はどうせすぐに燃やすもの。それなのに高い骨壷は必要ですか?花だってそうですよね。極端なことを言うとなくたって困りません。このように一つずつ必要化を吟味することで、後になって困らないようにしましょう。お葬式のときのちょっとした知識です。

■おすすめ参考サイト
小さなお葬式
事件・事故・災害・故人が遠方にいる等、通常とは違った状況でも柔軟に対応いたします。 葬儀費用を抑えたい、故人がご高齢、宗教色のない葬儀を行いたいなどお客様のご意向に沿った家族葬です。 東京都で格安家族葬をお考えなら「小さなお葬式」。東京都全域で300件以上の葬儀場がご利用可能です。 葬儀と一緒に寺院の手配、葬儀後に必要な位牌、49日法要、永代供養などを依頼されると割引適用。

ニュース

喪主の立場になった場合の注意点

葬式で関係者とコミュニケーションをとる 喪主の立場になった場合、お葬式の際には色々な方とのコミュニケーショ…

もっと読む

葬式の準備でまず何をするべきか

お葬式の手配の流れは知っておくべき ご自身がお葬式の手配をする立場になるケース。それは少なからず「身近な存…

もっと読む

突然の葬式の際の心構えと注意点

葬式での服装について 葬式になった時、突然のことで家族や親族は驚くことばかりですね。そのため、急なこととな…

もっと読む

自分たちの希望を尊重した葬式

身内の葬式をスムーズに行うために お葬式はたまにしか参列することもなく、家族が健康でいるとつい他人事のよう…

もっと読む